もう6月!! 気づいたら、Cakewalkがっ!?

もう6月!!
全然スマホゲームの開発を進めていなかったので今日はゲーム中の作曲部分をやろうと数年振りにDAWを立ち上げる。DAWとはパソコンで作曲を行うときにさまざまな作曲作業部分を管理するソフトだ。Digital Audio Workstation(デジタル オーディオ ワークステーション)の略。

DAWには色々と種類があって、オレが好んで使っているのがCakewalkシリーズだ。最初に作曲を勉強しながらいじっていたDAWソフトがCakewalkなのでCakewalkシリーズには想い入れがあるのだ。

で、オレのパソコンに入っているCakewalk(MUSIC CREATOR 6 TRIPACK)を立ち上げ、少し操作してみてたがおもいっきり操作方法を忘れていて焦る。

【Cakewalk(MUSIC CREATOR 6)の操作画面】
Cakewalk(MUSIC CREATOR 6 TRIPACK)操作画面

うーむ、楽器の音色のセットとかどうやってたんだっけ…… 操作を思い出すまで少し時間がかかりそうだ……。しかし昔作った曲とかを再生してみるとやっぱDAWソフトは音色がいいな♪ 使えるトラック数上限で作成したものを一度、合成出力し、また使えるトラック数上限であたらな音色で作成したものを合成出力したものをさらに合成するなど(この方法を使うと実質トラック数の上限という概念がない)、作り方次第でフルオーケストラとかもパソコン1台で作れちゃうのは凄いよな~。自分はフルオーケストラで作る技量も根気もないけどw

んで、久々にDAWを立ち上げたのでSONAR(旧Cakewalk)の最新版などを調べてみるとDAW界隈はここ数年で大変なことになっていた!(主にCakewalk界隈だけど。)

Cakewalkの会社や版権は過去に買収やら売却やらを繰り返し、あげくの果てに最後にCakewalkを買い取ったGibsonという会社が経営破綻になり、Cakewalkの開発や生産が終了していたみたいなのだ。

…がっ!! 激動はここで終わらない! さらに衝撃なことにシンガポールのBandLab Technologiesという会社がGibsonからCakewalkを買い取り、以前のSONAR Platinum(旧Cakewalk)相当なものを「Cakewalk by Bandlab」という名称に変更して無料で公開していたのだ!!

ここのサイトにその辺の経緯が詳しく書いてあります。

無料になったDAW、Cakewalk(旧SONAR)は正式に日本語化対応し、その後も着々と進化中

名称を「Cakewalk by Bandlab」に変え、実質、SONAR Platinum(Cakewalk)が無料公開とは凄いことだ。とりあえず、今は忙しいのでいま作っているスマホゲームの作曲はいまパソコンに入っているCakewalkの方を使い、落ち着いたら「Cakewalk by Bandlab」をインストールして時間があるときに使ってみようと思う。

タイトルとURLをコピーしました